スリム化成功した人がお勧めしているリバウンドしない痩身について

2016-07-25_092448

基礎ターンオーバーを向上させることによりリバウンドし辛い体質にすることが容易にできます。基礎代謝の量とは必要最小限の活動でどんどん減るエネルギーを意味し、エネルギー消費をもっとよくする方法で沢山の生理的熱量が使われ体重の変化にも結果が出ます。気になるセルライトというのは、不要なものや脂身が凝固したものをあらわし、全身の浮腫など悩みの根源となるのです。悪化する事で肌の表面は歪と固化し、簡単な痩身手段では綺麗に戻す事の容易でない問題児。体重が減りやすい日ですが、忘れずに毎日の体脂肪率を数値化すると見つけ出すことが出来ます。

痩身できるタイミングがわかったならば、痩せ日に減量をして下さい。その反面、お肉が付いてしまう日もあるのです。ダイエットするのには適していないタイミング。ムリをせず休みをとる日にするのもよいでしょう。通常身体をうごかしているのか、エクササイズをすることによって間違いなく生理的熱量の使い方につながっているのかという分析が必要です。ライフスタイルの見直しによって体重を落とし易いからだとなるので、より確実にスリム化もできるはずです。服の上からではわかりにくいのですが、実際女の人の多数が固化したセルライトに悩んでいるというデータもあります。

また、最近のダイエットの研究ではウォーキングの方法についても有効性を実験しているというニュースもあります。

下肢などに隠れているダイエットの邪魔ともいえる存在になります。残念ですが男の人に比べ筋肉が少ない成人を迎えた女性に生じ易いという特徴があるそうです。

減量に先達に成功体験を教えてもらうと、痩せる必要がない体質への刷新が確かだという風な忠告が圧倒的です。熱量過多の食生活や消費カロリーが少ない生活パターンをやめることで、痩身術不要の体をゲット出来ます。

食事の摂り方を一新することで生涯ダイエット不要のボディで健康的なスタイルを維持しよう

2016-07-25_094117

発酵させた食品を食事に利用し、体重を減らすという手法は色々とあるのですが、特にヨーグルトを使った痩身術に信頼があるようです。

日々のご飯に上手くヨーグルトをプラスすることで、なかなか太らないボディへ変化させていくといった手法です。食事の量が足りない場合だと、逆に体重を減らしにくい身体の状態に変わると聞きます。余分な脂質の燃焼を促進する為のタンパク質が足りないことで、脂肪がつき気味になっていくということです。

日々の問題ない御飯故に、ダイエットに効果がある手法といえます。

その他にもウォーキングなども食事と一緒に取り組むとより有効でしょう。

http://walking-doing.xyz/

酵素飲料というのはファスティング(断食)の実行に欠かすことができないドリンクです。ソフトドリンクを自作している人も、大勢おられるみたいです。ですが、意外と難しいのは野菜と果実を発酵させることです。素材や器具に付着した細菌によって腐ってしまわないよう作業および配慮は忘れてはならないものなります。食事制限なしのスリム化といっているとはいえ、むやみに詰め込んで大丈夫といったわけではなく、ファストフードおよびスーパーの惣菜はわずかばかりがまんして、体のために優しいレシピの考案に気を配ることに手を出してみましょう。理想のボディになれるうえに、なんと食事づくりまで上達するのですから、一石二鳥でしょう。

ヨーグルト中心の食べ物での軽い断食減量法も人気にのぼりました。腸内を休息させて、体の状態を改良していき、スムーズに痩せやすい体を狙う方法です。ダイエット術には毎日の食生活の改善が肝心です。

オイリー肌の方におすすめの、汗や皮脂に強いコスメをご紹介します

■フローフシ モテマスカラ ボリューム
私は目元の油分が多いのでずっとフィルムタイプを使っているのですが、コンタクトを使用していてよく涙が出るのでフィルムがぽろぽろ取れるのが悩みでした。その点このモテマスカラは涙にも強く、にじまないので優秀です。仕上がりがしっとりしているのもお気に入りです。他のフィルムタイプよりも少し値段は高めですが、美容成分も入っているのでおすすめです。

■フローフシ モテライナー
モテマスカラのアイライナーバーションです。リキッドタイプでにじみにくいです。熊野筆を使用しているのでコシがあり、キャットラインもきれいに描けます。太さの調節もしやすいです。一番のお気に入りポイントは、色素沈着しないことです。長く使っていても目元が黒ずんだりせず、肌に優しい成分でできているそうです。

■ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地
@コスメでも高評価を得ている人気商品です。私は友達にすすめられて購入したのですが、朝塗れば皮脂によるメイクのくずれ度合が断然違います。私は極度のオイリー肌なのですが、基礎化粧品のあとにこの下地とカラーコントロール、パウダーだけで仕上げます。たまに小鼻やおでこの皮脂をティッシュオフする程度で、一日中ほとんど崩れません。メイク直しができない日や、大切な日には、この下地の前にTゾーンだけ脇汗防止用のソフトストーン デオナチュレを塗ると完全防備できます。ただし、デオナチュレは顔用ではないので肌の弱い人は注意してください。

■ソフィーナ プリマヴィスタパウダーファンデーション
化粧下地と同じラインで、パウダーファンデーションも使用しています。同じラインなだけあって下地との相性が良く、他のファンデよりもきれいに仕上がりますし、皮脂崩れもしにくいです。シーズン限定のコンパクトがいつもかわいいのもおすすめポイントです。

犬のフィラリア薬は毎年きちんと飲ませることが何より大切

以前2匹犬を飼っていて、1匹を恐らくフィラリアで亡くしました。1匹目は犬を飼い始めたばかりで知識があまりなくフィラリア薬を与えるのを忘れてしまった時期がありました。

2匹目を飼い始めてからは、反省して毎年フィラリア薬を飲ませるようにしていたのですが、薬をもらう前にフィラリアがいるか調べてもらったら、1匹目がフィラリアに感染していることがわかりました。

でもそんなにひどくなかったようで、今まで通り予防薬としてチュアブルタイプのフィラリア薬を飲ませれば良いようでした。その病院ではその薬を処方されたのでそれでフィラリアが駆除できているものと思っていました。その後1匹目は9歳くらいで息を引き取りました。

散歩中に倒れたりしてだんだん弱って老衰みたいな亡くなり方だったのですが、恐らくフィラリアが原因だと思います。フィラリアに一度感染してしまうと、それ以上ひどくならないように予防としてフィラリア薬を飲み続けるようです。

蚊が飛ぶようになる6月からいなくなる12月まで毎月1回、お肉の味のするチュアブルタイプのフィラリア薬を与えていました。

でも完全にフィラリアはいなくなることはなかったみたいです。予防みたいな感じで続けていたという感じでしょうか。しっかりお医者さんでみてもらっていないのではっきりわかりませんが・・・。

その後は病院を変えて、錠剤タイプのフィラリア薬を処方してもらいました。2匹目は飼った当初からしっかりフィラリア薬を与えていたので感染することはなかったです。

チュアブルタイプも錠剤タイプも薬の効き目としては変わりないと思います。ただなんとなく錠剤タイプのほうが安心できる感じがして私は好きでした。

以前ものすごく厳しい先生がいる病院にお世話になったことがあって、その時にフィラリアのことを話したらフィラリアがいるかもしれない犬に錠剤の薬を与えたら死亡するかもしれないと聞いた事あります。1匹目がまだいるときだったので、こわくてその病院では薬を処方してもらうことをやめました。

フィラリアは毎年しっかり蚊がいる時期に薬を与えさえすれば予防できるので、必ず飲ませることを忘れないようにすることが何より大切です。少しぐらい飲ませなくても大丈夫だろうという過信は禁物です。

フィラリア薬 通販

医者にも太鼓判を押されていました

98歳で祖父が大往生したときのこと。
最後は前立腺がんでしたが、ヘビースモーカーだったので肺も弱って……の割には自力呼吸もしていたし、戦前生まれで戦争体験もしてきたせい人だからか、100歳に王手がかかっているというのに「心臓は成人並」と医者にも太鼓判を押されていました。じいちゃん、どんだけ丈夫やねん。
おじいちゃん子で溺愛されていたので悲しかったけれど、そのおかげで本人の嫌な一面を見ることは少なかったです。家族は苦労したようですが……。

臨終を聞いて運ばれた葬儀会館に行くと、とてもおだやかな顔でした。
葬儀に来た遠方の親戚なども、大往生のお祝いだ!と言って、祖母の葬儀よりも皆明るかったです。
遺体を前に泣いてしまった私も、葬儀のときはなぜか嬉しい気持ちでいっぱいでした。曾孫の子どもたちは人との別れがわかる年になり、少しだけ泣いていました。色々あったけど、祖父に曾孫の顔を見せてあげられたことだけは良かったと思っています。
あーじいちゃん、きっと自分の葬儀を見てニコニコしてるんだろうなーって、そう思えて仕方なく、出棺の際に皆が泣き出してもずっと微笑んでいました。
後で葬儀社から送られた写真を見せてくれた母や叔母から「あんただけ、いい顔に映って」と言われました(笑)祖父のプレゼントだったのかなと思っています。

そして、火葬場が本番。
棺が戻ってくる室に案内されたはいいけれど、骨を拾う長箸を真っ先に握った息子。ウキウキと。……流しそうめんを待っているんじゃないだから。
小学校低学年、皆ほほえましく見守ってくれたけれど、1歳未満で亡くなった祖母の時も父が抱えた腕から身を乗り出すようにして棺見てたなーと。
対して、妹はおとなしく待っていました。こういうところが男の子と女の子の差なんでしょうか。
息子は葬儀社の指示を待たず、箸を突っ込んだりしてくれて、祖父も笑って見てたでしょう。
今も祖父の葬儀の話になれば、必ず息子のことになり、皆を笑顔にしてくれます。

自らこんな積極的に物事を進められることができるようになっていた事に驚き

2016y05m23d_202550541
私は今まで10年近く受付事務として働いています。
来客されるお客様は色々なタイプがいらっしゃいます。
新人の頃は仕事をすることが精一杯で周りが見えていなかったのですが、3年ほど経つと来客される方の特徴や性格など見えるようになってきました。
私は元々人間観察が大好きだったので、仕事も苦ではありませんでした。
受付の私達にもすごく腰が低くいつも丁寧な対応の人や、どんな人にでもすごくフレンドリーに接していて担当者ともすごく和気藹々と仕事を進めていく人…
その中で一番印象的だったお客様がいます。
その名も“腹黒親父”…。
受付の私達の間では“腹黒親父”と密かに呼んでいました。
腹黒親父は某中小企業の社長で、私の勤めている会社の常務と昔からの仕事仲間ということもあり、社員一同彼の傍若無人な態度にも我慢しなければいけませんでした。
私達受付には横柄な態度を取り、新人の子は彼の言う“可愛がり”が嫌で泣いてしまう子もいるくらいでした。
同期の営業担当も、腹黒親父と仕事をすると1週間でゲッソリしてしまうほどワガママで無理難題をつきつけられて、出来ないと酷く怒り狂うんだと溜息をついていました。
こんな態度ばかり取っていても、常務の昔からの知り合い…。
常務の前ではいつもニコニコ笑顔の腹黒親父…。
こんな酷いことをしてるとは知らないので、常務からは腹黒親父の仕事に協力するようにとのお達しすらでるように。
私達もそろそろ我慢の限界に達してきた頃、同じ受付の子が離婚するかしないかで悩んでいると相談をしてきました。
その時に彼女が取り出したのがICレコーダー。
旦那さんとの会話を録音したものを証拠として残して離婚する時に少しでも優位に立ちたいと話してました。
今まで、私には無縁だったICレコーダー…。
そこでピーンだと思いついたのです!
このICレコーダーを使って、あの腹黒親父の正体を暴けないか?
私は同期の人達を集め、この作戦を相談した。
みんな最初は不安そうだったが、我慢の限界に達していただけあって、最後には会社を辞める覚悟でこの作戦を実行しようと一致団結したのです!
次の日から腹黒親父が来社する前にみんなで綿密に打ち合わせを行い、暴言や無理難題をICレコーダーに録音していきました。
腹黒親父は録音しているなんてまったく知るはずもなく、相変わらずの態度を取っていました。
私達はこれこら起こることになぜかワクワクしていたので、何を言われてもちっとも平気になっていました。
それから約1カ月後。
私達は数々の証拠をまとめ、常務宛に匿名で郵送しました。
郵送して1週間…2週間…、常務が何か動いている気配がありません。、
私達が送ったことがばれたのかと、そろそろ辞表を提出しないといけないかもしれないと、半ば諦めていました。
そんな時、久々に腹黒親父が来社したのです!
腹黒親父は痩せてしまい(元々肥満体型だったので、痩せたと言っても小太りになった程度)、受付にきて私達に敬語で話し、トボトボと常務室へと消えていきました。
どうやら私達が密告した今までの悪事に常務が衝撃とショックを受けて、今後一切仕事の取引をしないか、社員に対して今までしてきた酷い態度をしっかり改めるかどちらかに決めろと決断を迫られたようでした。
結局、腹黒親父は私達の態度を改めるという決断をして今後は彼の部下が担当を引き継ぐことなったと聞きました。
常務は今までの腹黒親父の態度や傍若無人な態度に対して、社員に対して深々とお詫びしこれからも社のためにより一層頑張って働いて欲しいとおっしゃっていました。
私達はようやく問題が解決してホッとし、お疲れ様会を開きました。
私自身、昔から引っ込み思案で誰かの後ろに常にいたタイプでしたが、自らこんな積極的に物事を進められることができるようになっていた事に驚きました。
嘘のような本当の話…。
私にとって一生忘れられない、ある意味良い思い出になった出来事でした。

久しぶりに行く美容院探し

大学生の頃には、月に一度は美容院に行っていました。行きつけがあって、緊張しやすい私にはちょうどよく女性スタッフしかいない店が家から歩いて数分のところにあったのです。スタッフさんも話しやすくて大好きでした。

でも、大学を出てからは地元に戻った私はなかなか新しく行きつけを開拓できなかったんです。そして結婚し主婦となると自由になるお金もあまりないので余計に美容院から足が遠のき、髪は長いので1つにまとめてれば美容院行かなていいや、となってしまっていました。

でも周りの人が美容院行ってきたと言ってスタイルを変えると、自分も行きたいなと思うようになりました。そこで、下の子も幼稚園に上がり誰かに頼まなくても一人の時間も取れるようになったので行きつけにする美容院探しをしています。でも条件は女性スタッフのみで入りやすい雰囲気の所です。

そうなると、なかなか見つかりません。女性だらけで良いなと思っても価格帯が高すぎたりで、決まりません。でも行くとしても半年に一度だと思えば、値段高くても良いのかもしれませんね。一度、女性スタッフが多いという美容院にチャレンジしてみようかと思います。気に入れば、美容院のお金が貯まってからまた来れば良いんですものね。まずは行かないと、雰囲気も分からないし、頑張ってみます。

以前学生の時に住んでいたアパートの話

以前学生の時に住んでいたアパートの話です。同じ学校の彼が一人暮らしをし始めるということで一緒に物件探しをしていました。

2016y05m03d_220355445

学生なので少しでも安いところがいいけどバストイレは別で最寄り駅近くでと条件的には厳しかったので、不動産やさんも少し困っていたのですが、ある日不動産屋さんからいい物件が見つかったので紹介したいと連絡があり見に行くことになりました。

 

そこは4戸のアパートで大家さんが隣に住んでおり、会社の寮で使用しているが一室だけ一般の方に貸し出しするとのことでした。

 

内見で2DK、バストイレは別で希望の条件以上の物件でしたが、何故か好条件にも関わらず家賃が結構安かったので、まさか訳あり物件なのかと心配になりその場で聞いたところ、そのようなことはありません。

と断言されたのでしばらく検討してその彼は借りることになりました。その後私が入り浸り状態になったのですが、住み始めてしばらくしてからある異変を感じるようになりました。

それはリビング側のクローゼットに背を向けてテレビを見るような家具の配置だったのですが、二人ともクローゼットがやたら気になる、誰かに見られているような気配を感じました。

二人とも霊感などはないので何か見えることはなかったのですが、それから金縛り、友達が電話で赤ちゃんの泣き声が聞こえるが誰かいるのかや、二人で夜中に原因不明の熱や咳が続いたり、二人同時に悪夢にうなされ目覚めるなど体験したことがないことが日々起こり、心身ともに疲れ切って半年で彼も実家に戻ることになりました。

 

それから何年もたち私の友人の友人がそのアパートにたまたま住み始め同棲していたのが、友人が遊びに行くと私たちと同じような状況になって婚約もしていたのを解消し、その友人の友人も原因不明の体調を崩して半年で引っ越したそうです。

友人もその子の家に行ったときに、私が話す前にクローゼットが気になると話していてぞっとしました。その5年後、接客業についていたのですが、たまたまお客様でその物件の近所に住んでいる方がいて、ネタにして少し話したら、ああそこは昔お墓だったところにアパート立てたからね!と・・・辻褄があったというかかなりぞっとしたはなしです。

楽しい思い出が盛りだくさん!20代、30代は経験の宝の山

仕事を楽しんでいる男性

 

20代・30代で一番楽しかったことはやはり仕事になります。

仕事を通していろんな人に出会い、今の妻とも仕事でつながった相手です。今は40手前ですが、新入社員が入ってくる4月になり、新入社員をみると若いということは素晴らしいなと思いますし、羨ましく感じられます。

新入社員の時から営業をやっているのですが、20代の時は全ての仕事が新鮮で、自分のできる領域を少しでも広げようといろんなことにチャレンジしました。会社自体もそうした姿勢を応援してくれたので、自分の成長を日々感じることができました。

一転30代になると、それまでは自分の挑戦だけでよかったのですが、社内、社外の人間とどううまくコミュニケーションを図りながらクライアントの課題を解決するのかという、ハードルが1つも2つも高くなったことを求められるようになりました。

そうしたときに自分一人では仕事はできないんだと強く感じたことが印象的でした。プライベートでも20代、30代はよく外に飲みにいきました。

今は子供もいるのでそこまで飲みにいくことはできないのですが、飲みに行った先でつながる人間関係というのも経験することができました。きっと20代、30代にやった貯金が40代、50代になると響いてくるんだろうと思います。

えっ!?初デートでまさかの本物のセカンドバッグ!

初デートでセカンドバック

初めてデートに出かけたとき、彼は上下同じ色のコーディネートで現れた。薄い水色。

トップスは水色のチェックのネルシャツで、ボトムは薄い水色にはげてしまったストレートデニム。もしかするともとからの色かもしれない。

まるで、パジャマのよう。そのうえ、手には本物のセカンドバッグ。お父さんが昔持っていたようなものだ。その彼は人生でおそらくの初デート。

おしゃれにも縁遠く疎い。女性に言われることもなく、今まで気にしたこともないような人だ。まさかとは思っていたけど、ここまでとは。。

その日はその服装でなんとか恥ずかしいが過ごし、家に行きまともに見れそうなコーディネートを何とかいくつか作り上げた。

続きを読む